アトピー体質を根本から治す|カサカサをスベスベに

女の人

ごく自然にカバーできる

女性

コンシーラーにはクリームタイプのものやスティックタイプのものがあります。パフやチークブラシの使用を工夫することで綺麗にシミを隠すことができるでしょう。また、ニキビ対策に有効的な専用コンシーラーもあります。

View Detail

刺激に弱い人は

ウーマン

アトピーは、先天的に肌が敏感で、少しの刺激でもかゆみや赤みが出てしまいます。大きく分けて2つのタイプがあります。敏感肌のタイプは、乾燥や日差し、ストレスなどで症状が悪化してしまいます。アレルギー体質のタイプは、特定の成分に触ることで症状が出てしまいます。アトピーの人は化粧品も刺激になりますし、含まれている成分に対してアレルギー反応が出やすい人が多いです。といっても、大人の女性ならばすっぴんで社会に出ることも難しく、悪化させるとわかっていても化粧をしなければならない状況もあります。そのために、アトピーの人でも安心して使うことができる化粧品も多く販売されています。肌にやさしい化粧品を使っていても、体を清潔に保つことや睡眠をしっかりとること、さらにストレスをためないことが基本です。

アトピー肌には界面活性剤は刺激になるので、界面活性剤を含まない化粧品を選ぶ必要があります。化粧水や美容液などが刺激となるので使用を控える人が多いですが、肌が乾燥しているのもよくないので、保湿はしっかりとしておくことは大切です。ファンデーションには、液体タイプやクリームタイプ、そしてパウダータイプがありますが、液体タイプは界面活性剤や防腐剤が含まれているのでパウダータイプを選ぶようにします。ミネラルファンデーションは肌に優しいファンデーションとして売られていますが、日本では特にミネラルファンデーションの定義がないので、きちんと成分表を確認します。また、アトピー肌は日光にも弱いですが、日焼け止めクリームも肌に刺激になります。パウダーファンデーションは日焼け止めとして使うこともできます。

毛穴や乾燥対策に効果あり

洗顔

毛穴や乾燥対策に効果が期待できるホットクレンジングは年代や肌質に関係なく使用できる女性にとってとてもありがたいクレンジング剤です。使うことで肌もやわらかくスキンケアが浸透しやすくなるのでどんなクレンジングを使っても毛穴や乾燥などの悩みが解消しなかった方は是非ホットクレンジングを使用してみましょう。

View Detail

身体も色白に

体

ボディ用の美白クリームと顔用のクリームは使い分ける方がよいでしょう。その理由は、肌の強さに差があるためです。ボディ用のクリームの方が比較的効果の高い成分が配合されていることが多いです。ハイドロキノンやビタミンC誘導体などが代表的ですが、これらは刺激も少しあるため注意しましょう。

View Detail